スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)

 東京メトロによると9日午後0時42分ごろ、東西線葛西駅で西船橋発中野行きの車両から車掌が煙のようなものを確認したため全線で同線は全線で運転を中止した。

 午後1時5分ごろ、中野-東陽町間で運転を再開した。全線の運転再開は13時半ごろを予定している。駅間で止まっている車両はないという。【毎日jp編集部】

季節知る遺伝子の働き解明=ハクサンハタザオで―京都大など(時事通信)
交通事故死、半数が高齢者(医療介護CBニュース)
山菜採りの3人無事発見(産経新聞)
<反貧困ネットワーク>政府対策の達成率24%(毎日新聞)
医療機関の倒産、5月は5件-帝国データ(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

原発差し止め訴訟で判決へ=島根1、2号機の耐震性争点―提訴から11年・松江地裁(時事通信)

 中国電力島根原子力発電所(松江市)の1、2号機は地震に対する安全性が確保されておらず危険だとして、周辺住民ら133人が同社を相手に運転差し止めを求めた訴訟の判決が31日、松江地裁(片山憲一裁判長)である。
 運転差し止めを命じた志賀原発2号機(石川県)訴訟の金沢地裁判決後、国は2006年に原発の耐震設計審査指針を改定。その後の差し止め訴訟判決では、同原発訴訟の控訴審を含め住民側が敗訴している。
 1999年に提訴された島根訴訟は、松江市の東西を走る活断層「宍道断層」で想定される大地震への耐震安全性が主な争点となった。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開~信頼は取り戻せるのか~
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」

哨戒艦事件、連携を確認=日米韓防衛首脳会談(時事通信)
<野党4党>議長不信任案を提出 議運は上程せず(毎日新聞)
民暴対策 「30周年全国大会」2000人が参加 香川(毎日新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>混入農薬を再製造 名古屋高検が要請(毎日新聞)
<文科省>学力テスト「要改善」 行政事業レビュー(毎日新聞)
プロフィール

とみたみちお

Author:とみたみちお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。